開業祝いに花とメッセージカードを贈るなら例えばこんな感じ

きっと開業祝いにお花を贈る方は多いですよね。
しかし、お花を贈る際にはただお花だけを贈るよりも、やはり何か一言メッセージを添えた方がより相手に気持ちが伝わるとは思いませんか?
そこで、こちらでは開業祝いに花を贈る際に添えるメッセージの書き方や注意点について紹介します。
もしかしたら、贈ろうと思っている言葉が、忌み言葉になっている場合もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まず、開店や開業にあたって赤いものをイメージさせる言葉は使用を避けなければいけません。
「敗れる」「失う」「落ちる」「閉じる」「哀れ」「枯れる」「さびれる」「火」「焼ける」「燃える」「倒れる」「飛ぶ」など、たくさんありますね。
注意すべき点はこれが一番大きいのですが、基本的に贈る相手方によって言葉は変えた方が良いでしょう。
具体的に説明していきます。

相手が取引先の場合は、礼儀正しい構成でシンプルな文面、かつメッセージカードは落ち着いた和のデザインなどから選ぶと良いでしょう。
知人や親しい友人などの場合は、シンプルな飾らない言葉で励ましやお祝いの気持ちを表現し、デザインは相手の好みに合わせ華やかなものやセンスの良いものを選ぶと喜ばれます。
また、お祝いの気持ちを伝えたいけれど、なかなか手紙やハガキを書く時間がなかったり、お花を選びに行く時間がない場合は、祝電という手もあるので、ぜひ活用してみてくださいね。
金額的にも、数千円~と手ごろなものが多くあり、最近は豊富なデザインから選べるようになっています。

以前、友達がお店を始めるというので花を贈ったことがあります。
飲食店の開店祝いに花スタンドを贈りました。
あれから引っ越してしまって連絡を取っていないので、今はどうなっているのか実はよく知らないのですが、もう数十年前の話です。
ちょっとした昔ばなしでした。

コメントを残す