便秘を解消するためにはどんな食事がいい?青汁はどう?

便秘は腹部の膨満感、腹痛、圧迫に伴う腰痛など日常生活に多くの不具合を出してしまいます。
便秘で悩む人は多いですが、その原因は日常生活にある場合が多いです。
例えば毎日の食生活でも便秘になる原因は作っています。
便秘改善を意識した食生活を送り、精神的にもすっきりした状態にしたいものです。

便秘に良い食生活とは?

バランスのとれた食生活をすることです。
その中で食物繊維の多い食事を摂取したり工夫をしていく必要があります。

また、食事のタイミングも考えましょう。
毎日食べる時間を同じに合わせることで、腹部の負担を軽くしたりすることも出来ます。
体に良い習慣を身につけ慣らすと同時に、体の負担を減らしていくのです。

冷たい牛乳なども、便通を改善するために効果的。
朝食時に積極的に牛乳を飲むのもいいでしょう。
ただ牛乳は人によって適正があります。
受け付けない人もいますから、そこは柔軟に自分の体調に合わせて飲みましょう。

食物繊維

便秘に良いとされている食物繊維の摂取ですが、毎日18~20g摂取すると良いとされています。
食物繊維は芋類の他に穀物や果実、きのこや野菜など数多くの作物に含まれていますので、使い分けてください。

食パン二切れ分120グラム分の中にも、2.8グラムの食物繊維が含まれているようですよ。
食物繊維の多い食品を意識的に取り入れることで、食物繊維の摂取量は大幅に変わってきます。
だから意識することが大事。

他にも便通に良い食品もあります。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品の他に、バターやごま油などの油脂類、催便効果があるとされる炭酸飲料も。
大腸のぜん動運動を促すクエン酸やリンゴ酸なども有効なものとされていますね。

大腸を刺激するからしやわさび、カレーなども人によっては有効です。
最近では青汁もよく選べれています。
手軽に食物繊維が摂れますからね。

腸を刺激していくことで便通は良くなってきます。
自分にあった食品を試していきましょう。

コメントを残す